社内の様子

アーカイブ

2009.03.27

3月度社長塾

3月の社長塾の課題図書は実行計画を指導してくださっている、南後先生推薦の「あいうえお言霊修行」でした。

あ、は「ありがたい」
い、は「いつくしむ」
う、は「うれしく」
え、は「エンジョイ」
お、は「おおらか」
 
という、言葉を一万回唱えよう、というもので。
参加者は100円ショップでカウンターを買って、数え始めました。
 
ルールは口に出していう事、それとカウント中にたとえば「バカ」「ちくしょう!」とか、「だめじやないか」等々のネガティブな言葉を言ったらカウンターをゼロに戻す、というものです。
 
これはなかなか難しく、最高川口さんの4千回台で、
社長はそうそうに「こりゃ、無理だ!」と諦めたようでした。
社長いわくダメな部下が多いからで、この時点でカウンターはゼロに戻ります。
 
目的は「良い言葉」を繰り返すことによって、脳の記憶中枢にポジティブなデーターをインプットし、脳に良いクオリア(錯覚のようなもの)を生み出すため、との事でした。
この本を読んで感動し、病気でネガティブな考えに陥っている知り合いに読むように薦めた人や、両親に感謝の言葉を素直に伝えられるようになった、という感想を言う人もしました。
 
こんな時代だからこそ、脳のクオリアをポジティブに持っていくことが大切なのだと思います。
 

2009.03.25

10年度新卒の皆さんへ From 飯田悦郎

弊社では東京、本社と2ヶ所で2010年度新卒の皆さんへの会社説明会を行いました。

私は都合で本社のみのご挨拶となりましたが、遠方より出席していただいた学生さんもいらしたようで心より御礼申し上げます。
世の中の急激な変化で、最も戸惑い、また困難に直面しているのは10年度に社会に巣立とうとしている皆様方かもしれません。
私自身も30年以上、会社の組織人として、またリーダーとして仕事をしていますが、
これほどの世の中の急激な変化は経験したことがありません。
 
このような時一番大切にしなければいけない事は、自分自身を信ずることだと思います。
変化は自分と関係の無いところでおきます、リーマンの破綻も世界同時不況も私たちの仕事と
全く関係の無いところでおきますがその影響は甚大です。
それは多分皆様方が一番身にしみているのではないでしょうか。
 
変化を止めること、変化に逆行するすることはできません、
例えば、雨を晴れに変えることはできないし、天に向かって文句を言っても仕方の無いことです。
逆にこんな時だからこそ、今自分ができる最高の努力と自分の信念を機軸に据えて、
皆さんを歓迎して仲間として気持ちよく迎えてくれる会社を選択したらいかがでしょうか。
 
私は「成長」という言葉をキーワードとしてよく使います。
個人の成長こそが会社の成長を可能にするからです。
従って、社員の評価面談の時は前年と比べて成長したことは何ですかという質問を必ずいたします。
私自身も何らかの目標を設定して、毎年成長できるよう努力しています。
 
私どもの会社は2015年に創業100年を迎えます。
この100年近くを支えてきた企業の理念は変化しません。
 
しかし、世の中の変化は早く激しいものがあります。
私たちは「(会社の理念を)変えないために、(世の中の変化に対応すべく)変わらなければならない」という基本的考え方の基、常に仕組みを見直し、学習し、新しいビジネスに挑戦して行こうと思っております。
 
困難な時代の中での学生の皆様方の就職活動に心よりエールを送りますとともに、
弊社に興味を持っていただいた方、また、私と直接話をしたいと思っている方は遠慮なく
弊社担当者までお申し出ください。
 
飯田工業薬品 株式会社
代表取締役社長 飯田悦郎
 

2009.03.03

私をスキーに連れてって!

2/28(土)、3/1(日)と1泊2日で白馬五竜スキー場にスキーに行ってきました。

スキー部の活動は日帰り1回、泊まりで1回スキーに行くと年間の予算がなくなってしまいます。
したがっていかに楽しめるかが大きなポイントとなります。
 
今回は天候に恵まれとても心地よく滑ることができました。
金曜日までは天気が悪く景色も悪かったようですが、
社長はじめ部員4名の日頃の行いが良いため晴天となりました。
 
気温が高く雪の状態はあまりよくありませんでしたが、
白馬岳や五竜岳といった北アルプスの峰々が手に届くのではないかと思うくらい近くに見え、
反対を向くと遠くに戸隠や妙高の山々が連なっているといったロケーションは言葉では表現できないほどでした。 
宿泊は「プチホテルあるむ」というペンションでゲレンデまで徒歩2分という立地。
食事もおいしくお風呂も24時間。スキーで疲れた体を癒すことができました。
 
仕事に追われ何かと忙しい日常から脱して非日常の世界を満喫し、
体は筋肉痛に見舞われましたが心はリフレッシュ完了です。
 
化学品・工業薬品のお問合せ

会社案内

飯田工業薬品株式会社

電話 0545-33-0686

〒417-0002
静岡県富士市依田橋71-1
FAX:0545-33-0671

Webからのお問い合わせはこちら

ラブラドールブログ
社長ブログ

ページの先頭へ